収益物件の選び方を学ぶ|投資に成功する必勝法

ビルの模型

安定収入のポイントです

住宅

不動産会社を見極めよう

中古ワンルームマンションでの不動産投資で安定した収入を確保しようと考えているのであれば、物件を管理してもらう不動産会社を厳選しましょう。物件管理はどこに頼んでも同じというわけではありません。入居者や入居希望者との窓口は不動産会社となります。この不動産会社の対応の良し悪しが保有している収益物件の収入を決めるといっても過言ではありません。初めて中古ワンルームマンションを購入した投資家の多くは、売主が利用していた不動産会社をそのまま利用したり、仲介をしてくれた不動産会社にそのまま依頼をしたりします。入居者が付いている間は管理について大きな違いがあることに気づくことはあまりないですが、空室になったときにその差がはっきりと出てきます。

入居率を確認しよう

収益物件を管理してもらう不動産会社を選ぶ際に重要なことは、管理物件の入居率です。当然のことながら、この入居率が高ければ高いほど優秀な不動産会社ということになります。但し、もう1つ重要な点があります。それはどれだけの収益物件を管理しているかということです。同じ入居率99%でも100件の物件を管理している不動産会社と1万件の物件を管理している不動産会社では後者の方が経験もノウハウもあり、優秀と言えます。もしも、現在、収益物件を管理してもらっている不動産会社に不安を覚えているようであれば、早いうちに管理会社の変更手続きをしておくとよいです。早いうちに優秀な不動産会社に変更しておけば、その収益物件の特性などもしっかりと把握しておいてくれます。