収益物件の選び方を学ぶ|投資に成功する必勝法

レディー

家賃収入が得られる物件

模型と書類

入居率が良いことが条件

収益物件というのは家賃収入という収益を得る目的で購入する物件のことです。収益物件には住居系、事務所系、テナント系などの種類があります。住居系というのはアパートやマンションで、一般の賃貸物件のことです。事務所系というのは法人の借り手のための物件で、賃貸期間が長いので長期にわたって安定した家賃収入が得られます。テナント系というのは飲食店やコンビニなどに貸す物件です。一旦閉店すると次のテナントが決まるまで時間がかかります。このような収益物件が人気なのは、比較的安定した収入が長期間に渡って得ることができるからです。アパートやマンションの場合、入居率がいいと途切れることなく家賃収入が得られるメリットがあります。

アクセスの良い立地が必要

収益物件には色々な特徴がありますが、住居系でみてみると空室になりにくいという点があります。これは入居率が良いということで、例えば交通アクセスの良い立地に建っているアパートやマンションです。また近くに大学や大企業があると、学生や社員たちなどの入居者を確保できます。また収益物件には管理やメンテナンスが行き届いているという特徴もあります。例えば管理会社が雇った管理人が常駐しているマンションなどは入居者が確保しやすいです。また共有部分がきれいに掃除してあったりすると借り手が多くなります。時代の流れに適した設備や仕様であるという点も収益物件の特徴になります。最近の若者は個性を大切にするので、間取りや広さなどにこだわりがあります。そのような志向に応えられる物件は入居者を確保しやすいのです。

品質で選ぼう

外観

中古ワンルームマンション等の収益物件で不動産投資をするならば、エリアと管理に気を付けましょう。特に管理については、実際に現場に行って確認してみることが重要です。修繕積立金の状況もチェックしておきましょう。

More...

不動産の性格を知ろう

棒グラフ

中古ワンルームマンション等のような住居系の収益物件のほかに、オフィスビルのワンフロアを所有して不動産投資をするという方法も最近人気が出てきました。実物不動産を持つことに躊躇いがあるのなら上場不動産投資信託から始めてみましょう。

More...

安定収入のポイントです

住宅

保有している収益物件を管理してくれている不動産会社によって空室リスクは大きく異なってきます。まずは、すでに賃貸管理をお願いしている不動産会社の入居率と収益物件の管理戸数を確認してみることをお勧めします。

More...